社交ダンスのリズム練習法

 

≪公式HP≫【社交ダンスのリズム練習法】 詳細はこちらをクリック♪

 

初心者でも安心、社交ダンスのリズム練習法の特徴

 

社交ダンスで一番大切なものは、リズムです。多くのダンス講師がリズムを教えていないため、全く上達しないという人も少なくありません。

 

そこで自宅に居ながら、社交ダンスで重要なリズムの練習を行える独学用動画教材が登場しました。

 

この社交ダンスのリズム練習法は、菅原眞由先生が監修するプログラムとなっていて、初心者の方でも動画を見ながらわかりやすく学ぶことができます。

 

菅原眞由先生は、自らダンス教室で生徒を指導しながら、自身もプロのダンサーとして選手活動を行っています。

 

 

また、社交ダンスのリズム練習法教材の特徴は、全くのダンス未経験者でも、スムーズにダンスができるようになるための、リズムの基礎を動画を見るだけで修得することができることです。

 

合計3時間強のDVD動画で、テレビやパソコンなどで手軽に再生でき、1日10分程度のトレーニングを自宅で繰り返すことで、今まで苦労していたリズム感をつかむことができるかもしれません。

 

社交ダンスは様々な年代から始められる、それぞれの年代で楽しむことができるのが特徴です。社交ダンスのリズム練習を基礎からしっかりと学びたい方はおすすめのプログラム内容となっています。

 

社交ダンスのリズム練習法と良さについて

 

社交ダンスのリズム練習法は、社交ダンスの先生の先生が直接指導すると言うことが挙げられます。

 

これはどの様なことかと言うと、プログラムを監修する菅原眞由先生は、日本全国に何千人もいるダンス教室の先生に対して定期的に講義を行っていて指導しています。

 

 

その為、菅原眞由先生の指導は実践的でわかりやすく、社交ダンスのレベルを基礎からしっかりとアップさせる事が可能となります。

 

また、菅原眞由先生は、日本全国にいるダンス教室の先生に対して指導しているので、表面的な技術指導だけではなく、菅原眞由先生オリジナルのノウハウでダンス技術の向上を導いていきます。

 

一般書籍などでは、あまり知る事のできないノウハウが菅原眞由先生が監修する社交ダンスのリズム練習法では、自宅に居ながらDVD動画でしっかりと基礎から学ぶことが出来るので良いです。

 

社交ダンスのリズム練習法の内容について

 

社交ダンスの教則本・DVDがたくさん出ている中、音楽の捉え方を強化した内容の教材は今までなかったように思います。

 

今までの教材では綺麗な姿勢・ステップのコツ、壁との関係性、ルーティンを紹介され、見よう見まねで練習してもそれが音楽に合っていなければサークル内の練習やパーティでは、相互のリズム感のズレに不快感を感じ、競技会などでは全く評価の対象になりません。

 

特に男性はリードする側になるので、リズムをわかった女性はリズムの取れない男性を敬遠してしまいます。

 

いくら姿勢がよくても、難しい技を知っていても踊りたいお相手として望まれなくなってしまうのでレベルアップをしていくためには難しいステップ、技よりも菅原眞由先生の社交ダンスのリズム練習法を取り入れて実践した方が上達の近道となります。

 

ここでは、菅原眞由先生の社交ダンスのリズム練習法の内容を少し紹介したいと思います。

 

Discは2枚組みとなっていて、Disc1ではブルース&ワルツと講座がはじまって行きます。

 

 

 

続いて、Disc2ではジルバ&キューバンルンバの講座が解説されています。

 

 

 

ワルツならしっかり1を感じる、ルンバなら2を感じる音楽の捉え方が菅原眞由さんの文面とDVDで理解が深まるはずです。

 

この社交ダンスのリズム練習法はDVD動画を見ながら習得して行けるので、書籍などとは違い実際の動きやリズムの取り方、ステップワークや体の動かし方などDVD映像を通して学べるので練習方法がわかりやすく社交ダンスのリズム上達にはおすすめの内容となっています。

 

 

 

≪公式HP≫【社交ダンスのリズム練習法】 詳細はこちらをクリック♪

 

 
  • link2を更新しました
  • link1を更新しました